のだ山幼稚園について

のだ山幼稚園について about

  1. TOP
  2. のだ山幼稚園について

からだで感じ、こころを育む

本物の自然は、必ず子どものこころを磨きます。
私たちは今こそ、こころを育てたい。
そう思っています。

豊かな自然環境の中で、体で感じて心を育み、
ここから世界ともつながっていく。

当園では、家庭や地域社会と連携を図り、
子どもたちが様々な体験活動を通して一人ひとりの個性が十分に発揮され、
豊かな人間性を育む教育を目指しています。

幼稚園型認定こども園とは

これまで40年にわたり培ってきた教育機関としての経験を活かし
令和元年度より「幼稚園型認定こども園」として運営しております。幼稚園と保育園の機能を併せ持つ施設“幼稚園型認定こども園”です。
認定こども園では、保護者様の多様な就労・家庭状況に合わせて、教育のみの園児、教育と保育を必要とする園児に分けて対応できます。
保護者さまの多様な働き方に合わせた保育・教育を行っています。

幼稚園と保育園の機能を併せ持つ施設

豊かな人生を切り拓く力に

学校法人 道徳学園 のだ山幼稚園 理事長 安東 敏眞

 幼児教育に必要なものは「環境」であると考え、自然豊かなこの森に幼稚園を開園し、40年が過ぎました。
 敷地内に保育園も併設しましたので、0歳児から5歳児までの子どもたちがこの環境の中で毎日にぎやかに過ごしています。
年々、子どもたちを取りまく環境は悪化していると言われますが、心身の発達の基盤が形成される一番大切な乳幼児期に、
この自然環境の中で主体的に考え、遊び、学ぶことが未来を担う子どもにとって最も大切であると考えます。
幼稚園や保育園で育つ力は、目に見えない力でありますが、自己肯定感を高め、
自分の可能性を認識し、豊かな人生を切り拓く、もっとも重要な力となるでしょう。

学校法人 道徳学園
理事長安東 敏眞